DEEPKICK

関西拠点のキックボクシングイベント。
総合格闘技 "DEEP" のキック部門として2009年7月5日に旗揚げ。
団体の垣根を越えて関西キック界の交流と活性化をはかる。

記事一覧(83)

6.2神戸RIZIN.16で憂也と中村寛がKO勝利!東京のSBでは内藤凌太が判定勝利でリーグ初戦を突破!三人のDEEP☆KICK王者が同日全勝を飾る

 6月2日(日)神戸ワールド記念ホールで開催された『RIZIN.16』にDEEP☆KICK推薦として、現チャンピオンの憂也(魁塾)と中村寛(BKジム)、元チャンピオンの山口裕人(山口道場)、ランキング1位の拳剛(誠剛館)が出場した。 第1試合には-65kg王者の憂也が登場、田中STRIKE雄基選手と対戦し相手を寄せ付けることなく1R TKO勝利をおさめた。また第3試合では-60kg王者の中村寛が一刀選手に2R KO勝利、RIZINを観る人に圧倒的なインパクトを残した。 山口裕人と拳剛は、負けはしたものの真っ向から打ち合いを挑み会場を沸かせて大会を盛り上げた。 また同日、東京・浅草花やしき浅草花劇場で開催された『SHOOT BOXING 花やしき Extreme.1』の第5試合 CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦に-55kg王者の内藤凌太 (ストライキングジムAres )が出場し、大桑宏章選手 (シーザージム渋谷)を相手に判定3-0で勝利をおさめてリーグ初戦を突破した。 この日、各所で行われた大会で三人のDEEP☆KICK王者が全勝を飾った。≫RIZIN公式結果http://jp.rizinff.com/_ct/17268641GYAO!無料アーカイブ配信でRIZIN.16の全試合が見れます!※配信期間:2019年9月30日23:59までRIZIN.162019年6月2日(日)神戸市・神戸ワールド記念ホール≫SHOOT BOXING公式結果https://shootboxing.org/result/21183/SHOOT BOXING 花やしき Extreme.12019年6月2日(日)東京・浅草花やしき・浅草花劇場

6.9大阪DEEP☆KICK ZEROの全カードと試合順が決定!

 6月9日(日) 大阪市・平野区民ホールにて若手を中心としたヤングファイト『DEEP☆KICK ZERO』が新開催されることが公式発表された。 今年4月までに10年間で39回を重ねてきたDEEP☆KICKが、メインイベント以外は関西の若手選手を中心に、選手の底上げと育成を図りナンバーシリーズとは別に定期的にDEEP☆KICK ZEROを開催することを発表した。 関西からRIZINやRISEに多くの選手を送り込んでいるDEEP☆KICKが、更にナンバーシリーズへの登竜門として新たな選手の底上げをはかるべく『DEEP☆KICK ZERO』をスタートする。 メインイベントは西日本を中心に戦っているNJKFスーパーウェルター級2位のこうた(NJKF TEAM武心會)と、RISEスーパーウェルター級8位の籔中謙佑(KUMA GYM)が対戦する。こうたは、身長184cmの長い手足から繰り出す攻撃が持ち味のファイター。2017年11月NJKF大阪、匡志YAMATO戦での負傷により長期の休場を強いられたが、今年4月21日、岡山コンベンションセンターで開催されたNJKF岡山大会で悲願の復帰、元WBCムエタイ日本統一同級王者の白神武央(NJKF拳之会)と対戦し、判定で敗れはしたものの、その長いリーチで白神を苦しめた。 対する薮中はミスターRISE裕樹の元で修行し、最近では独立して自らジムの会長となりプレイングマネージャーとして活動している。2016年のホーストカップ(10.2 エディオンアリーナ大阪)では白神武央から勝利し、最近ではMAのリングで広島のRYU謙から判定勝ちでMAのランキング入りを果たした。 ともに白神戦を経験した二人、こうたが薮中を下して岡山での雪辱をここで果たすのか、それとも薮中がそれをはね返してNJKFキラーとなるのか、注目の一戦だ。 この試合を、長期封印されていたDEEP☆KICK -70kg暫定王座決定戦とすることも併せて発表された。メインイベントの他は、20代前半の若手選手育成をメインに考えられたマッチメイクが組まれている。 セミファイナルでは、鷹介(魁塾)と林佑哉(空修会館)が対戦。関西の好勝負製造機 VS 広島の爆弾小僧の対決だ。ジュニア時代からのライバルだった2人は、プロになってから1度対戦して林が勝利している。鷹介は所属ジムをTEAM HAWKから魁塾に移籍して心機一転リベンジを狙う。 他には、先日北海道で行われた『BOUT.36』でKO勝ちをおさめてRISEのフレッシュマントーナメント決勝進出が決まっている勇馬(山口道場)と、原口健飛の愛弟子の木下悦志(KICKLAB)が対戦する。木下はDEEP☆KICK初参戦となった前回大会で岩KING(NJKF心将塾)を判定で下した。軽量級ながらもハードパンチを武器とした両者だけにKO必至の好カードと言える。 オープニングファイトではアマチュアキックボクシングNEXT☆LEVELの関西タイトルマッチTOP☆RUNが3試合と、ワンマッチが2試合組まれた。DEEP☆KICKでは、ここにいる全てのアマチュア選手が後の関西キックボクシングを牽引する選手になってくれると期待している。〈対戦カード〉▼メインイベント DEEP☆KICK -70kg暫定王座決定戦 3分3R 延長1Rこうた (NJKF TEAM武心會)籔中謙佑 (KUMA GYM)

6.9大阪でDEEP☆KICK若手育成のヤングファイト開催決定!

 6月9日(日) 大阪市・平野区民ホールにて若手を中心としたヤングファイト『DEEP☆KICK ZERO』が新開催されることが公式発表された。今年4月までに10年間で39回を重ねてきたDEEP☆KICKが、メインイベント以外は関西の若手選手を中心に、選手の底上げと育成を図りナンバーシリーズとは別に定期的にDEEP☆KICK ZEROを開催することを発表した。 メインイベントは西日本を中心に戦っているNJKFスーパーウェルター級2位のこうた(NJKF TEAM武心會)と、RISEスーパーウェルター級8位の籔中謙佑(KUMA GYM)が対戦する。こうたは、身長184cmの長い手足から繰り出す攻撃が持ち味のファイター。2017年11月NJKF大阪、匡志YAMATO戦での負傷により長期の休場を強いられたが、今年4月21日、岡山コンベンションセンターで開催されたNJKF岡山大会で悲願の復帰、元WBCムエタイ日本統一同級王者の白神武央(NJKF拳之会)と対戦し、判定で敗れはしたものの、その長いリーチで白神を苦しめた。 対する薮中はミスターRISE裕樹の元で修行し、最近では独立して自らジムの会長となりプレイングマネージャーとして活動している。2016年のホーストカップ(10.2 エディオンアリーナ大阪)では白神武央から勝利し、最近ではMAのリングで広島のRYU謙から判定勝ちでMAのランキング入りを果たした。 ともに白神戦を経験した二人、こうたが薮中を下して岡山での雪辱をここで果たすのか、それとも薮中がそれをはね返してNJKFキラーとなるのか、注目の一戦だ。 この試合を、長期封印されていたDEEP☆KICK -70kg暫定王座決定戦とすることも併せて発表された。〈決定カード〉▼メインイベント DEEP☆KICK -70kg暫定王座決定戦 3分3R (ex1)こうた(NJKF武心会)籔中謙佑(KUMA GYM)