DEEPKICK

関西拠点のキックボクシングイベント。
総合格闘技 "DEEP" のキック部門として2009年7月5日に旗揚げ。
団体の垣根を越えて関西キック界の交流と活性化をはかる。

記事一覧(67)

1.6 DEEP☆KICK 38 メインは内藤凌太vs拳剛の-55kg級王座決定戦に

 2019年1月6日(日)にテクスピア大阪で開催される『DEEP☆KICK 38』の追加カードが発表された。 RISEやKNOCKOUTで快進撃を続けている鈴木真彦(山口道場)への挑戦者を決めるべく組まれた-55kg級挑戦者決定トーナメント(4.1城東区民)だったが、鈴木がベルト返上の意思を表明。よってこのトーナメント決勝戦が王座決定戦に変更となった。4月大会で厳基(月心会チーム侍)に勝利した内藤凌太(ARES)と、鷹介(TEAM HAWK)に勝利した拳剛(誠剛館)が、1月6日のテクスピア大阪で-55kg級王座をかけてメインイベントで激突する。 内藤はシュートボクシングで活躍する内藤3兄弟の長男で、弟の大樹は元SB日本スーパーバンタム級王者、RISEではDoAトーナメント優勝を果たした経験もある実力者だ。凌太は以前からこのDEEP☆KICKのベルトを獲ることに執念を燃やしてきた。何としてもベルトを巻いて長男の威厳を保ちたいところ。 対する拳剛は関西の名門空手道場 誠剛館の館長で、多くの教え子たちがジュニアキック大会でベルトを巻くなどしており、指導者としても優れている。拳剛は『館長として王座に就いて、ベルトを巻いた姿で練習生のみんなと一緒に写真を撮りたい』と意気込む。二人とも背負う物が大きく、意地と意地とのぶつかり合いが楽しみな一戦だ。その他には、野田蒼(月心会チーム侍)と翔太YAMATO(大和ジム)が-53kgで対戦、成尾拓輝(究道会館)が蓮YAMATO(大和ジム)と61kg契約で対戦と、二つのカードが追加発表された。〈追加カード〉▼メインイベント DEEP☆KICK-55kg級王座決定戦 3分×3R(EX1R)内藤凌太 (ARES/同級1位)拳剛 (誠剛館/同級2位)