NEXT BOUT


DEEP☆KICK 40

 ダブルメインイベントの一つとして、無敗の-53kg王者 滉大(及川道場)が久しぶりにDEEP☆KICKのリングに帰って来てタイトルマッチを行う。その挑戦者がランキング2位の政所仁だ。

 2人は過去にDEEP☆KICK 33(’17.7.16)のリングで戦っており、滉大が僅差の判定で勝利している。その後、滉大は王者になり多団体でも連勝を重ねて先日のホーストカップで王者となり2本目のベルトを巻いた。

 対する政所は滉大に敗戦後、RIZINで石井一成に勝利し全国的に名前を売り出しRISEやKNOCKOUTに出場、J-NETWORKではフライ級王座に就いた。先日のRISEでは無敗の田丸辰(平井道場)とのタイトルマッチで負けはしたが5Rまで縺れる好勝負を演じた。

 2人の再戦は関西だけでなく全国的に注目される一戦になるだろう。


政所仁コメント

「大阪での試合が2年ぶりで、その2年前に滉大選手に負けてるんですけど、この2年間は東京で試合をしてきて滉大選手とは経験が違うと思います。差が開いたところを見せつけてKOで勝ちたいと思ってます。ひさしぶりの大阪での試合なんで、応援よろしくお願いします」


〈対戦カード〉

▼DEEP☆KICK-53kgタイトルマッチ 3分3R

滉大 (及川道場/王者)

政所 仁 (魁塾/挑戦者)


 もう一つのダブルメインは『DEEP☆KICK 37』から行われている-57.5kgトーナメントの決勝戦、DEEP☆KICK-57.5kg王座決定戦だ。RISEからの刺客 宮崎就斗(TARGET)と、ミスターRISE 裕樹の愛弟子の横野洋(アンカージム)が新階級のベルトを賭けて激突する。


 宮崎は1回戦で韓国から参戦のイ・スンヒョンをローキックで倒し、準決勝の雄大戦では、ローキックを効かせ最後はパンチでKO勝利をおさめた。


 対する横野は1回戦でNJKFランカーの殿(心将塾)と対戦、ヒザ蹴りで殿の肋骨を折りKO勝利した。また準決勝では優勝候補の上杉文博(究道会館)を下した泰良拓也(PFP)に、飛びヒザでダウンを奪い文句なしの勝利で決勝進出を果たしている。

決勝戦は互いにRISEの看板を背負った者同士の対決となった。


〈対戦カード〉

▼DEEP☆KICK-57.5kg初代王座決定トーナメント決勝戦 3分3R(延長1R)

横野 洋 (アンカージム)

宮崎就斗 (TARGET)


〈大会概要〉

DEEP☆KICK 40

〜10周年40回記念大会〜

2019年 9月15日(日)

泉大津市・テクスピア大阪

大阪府泉大津市旭町22-45(地図)


〈チケット販売〉

DEEP☆KICK実行委員会(TEL 06-6754-8588)

または出場選手および所属ジム


〈問い合わせ〉

DEEP☆KICK実行委員会(TEL 06-6754-8588)