NEXT BOUT


DEEP☆KICK 40

 ダブルメインイベントの一つとして、無敗の-53kg王者 滉大(及川道場)が久しぶりにDEEP☆KICKのリングに帰って来てタイトルマッチを行う。その挑戦者がランキング2位の政所仁だ。

 2人は過去にDEEP☆KICK 33(’17.7.16)のリングで戦っており、滉大が僅差の判定で勝利している。その後、滉大は王者になり多団体でも連勝を重ねて先日のホーストカップで王者となり2本目のベルトを巻いた。

 対する政所は滉大に敗戦後、RIZINで石井一成に勝利し全国的に名前を売り出しRISEやKNOCKOUTに出場、J-NETWORKではフライ級王座に就いた。先日のRISEでは無敗の田丸辰(平井道場)とのタイトルマッチで負けはしたが5Rまで縺れる好勝負を演じた。

 2人の再戦は関西だけでなく全国的に注目される一戦になるだろう。


政所仁コメント

「大阪での試合が2年ぶりで、その2年前に滉大選手に負けてるんですけど、この2年間は東京で試合をしてきて滉大選手とは経験が違うと思います。差が開いたところを見せつけてKOで勝ちたいと思ってます。ひさしぶりの大阪での試合なんで、応援よろしくお願いします」


▼ダブルメインイベント2

DEEP☆KICK-53kgタイトルマッチ 3分3R

滉大 (及川道場/DEEP☆KICK-53kg王者、HoostCup日本スーパーフライ級王者)

政所 仁 (魁塾/J-networkフライ級王者)


 もう一つのダブルメインは『DEEP☆KICK 37』から行われている-57.5kgトーナメントの決勝戦、DEEP☆KICK-57.5kg王座決定戦だ。RISEからの刺客 宮崎就斗(TARGET)と、ミスターRISE 裕樹の愛弟子の横野洋(アンカージム)が新階級のベルトを賭けて激突する。


 宮崎は1回戦で韓国から参戦のイ・スンヒョンをローキックで倒し、準決勝の雄大戦では、ローキックを効かせ最後はパンチでKO勝利をおさめた。


 対する横野は1回戦でNJKFランカーの殿(心将塾)と対戦、ヒザ蹴りで殿の肋骨を折りKO勝利した。また準決勝では優勝候補の上杉文博(究道会館)を下した泰良拓也(PFP)に、飛びヒザでダウンを奪い文句なしの勝利で決勝進出を果たしている。

決勝戦は互いにRISEの看板を背負った者同士の対決となった。


▼ダブルメインイベント1

DEEP☆KICK-57.5kg初代王座決定トーナメント決勝戦 3分3R (延長1R)

宮崎就斗 (TARGET)

横野 洋 (アンカージム)


 DEEP☆KICK-55kg第3代王者 鈴木真彦 (山口道場)が返上したベルトをめぐりランキング上位4人で行われた王座決定トーナメント。そのトーナメントを勝ち上がり、悲願だったDEEP☆KICK王座に就いた内藤凌太 。王者となってからは負けなしで貫禄を増してきている。

 対する市村は関西の老舗多田ジムのエースで、土屋開 (真樹ジム沖縄)を破って西日本統一王者を獲得した強豪選手だ。

 ともにベルト保持者として負けられない一戦となる。この試合は56.5kg契約で行われる。


▼セミファイナル 56.5kg契約 3分3R

内藤凌太 (ストライキングジムAres/DEEP☆KICK-55kg王者)

市村大斗 (多田ジム/KAKUMEI西日本統一王者)


 今やRIZINやRISEで人獣旋風を巻き起こしているDEEP☆KICK-60kg王者 中村寛(BKジム)のベルトを狙って、4選手による次期挑戦者決定トーナメントが決定した。


 Aブロックでは、中村にベルトを獲られ再発進となる前王者の谷岡祐希 (パラエストラ加古川)が、KING皇兵の愛弟子MASAKI (ROYAL KINGS)と対戦する。この二人は普段の合同練習で顔をあわせて練習をしている仲だ。谷岡は「決まったからには仲間でも関係ない、生き残るために倒しに行く」と意欲を見せている。


▼第10試合 DEEP☆KICK-60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝Aブロック 3分3R (延長1R)

谷岡祐希 (パラエストラ加古川/DEEP☆KICK-60kg第5代王者)

MASAKI (ROYAL KINGS)


 もう一つのBブロックでは、先日のRIZIN大阪大会で判定勝利をおさめた佐藤亮(NJKF健心塾)が篤椰(team Bonds)と対戦する。佐藤はNJKFのランカーで、現在スーパーフェザー級4位。NJKFを代表してベルトを獲りに行くとコメントしている。佐藤は2018年4月に王座決定戦でこのタイトルに挑んだが、谷岡に判定で敗れベルトを逃している。今回はその雪辱を果たすチャンスだ。


▼第9試合 DEEP☆KICK-60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝Bブロック 3分3R (延長1R)

佐藤 亮 (NJKF健心塾)

篤椰 (team Bonds)


 一方で、王者内藤凌太のベルトを狙った4選手で挑戦者決定トーナメントが行われることが発表された。対戦カードは決定しており、拳剛 (誠剛館) VS 鷹介 (魁塾)、梅井泰成 (NJKF京都野口ジム) VS 力哉 (BKジム) の二試合が組まれている。

 拳剛と鷹介は過去に『DEEP☆KICK 35』で対戦しており、拳剛が判定で勝利している。また梅井と力哉も過去にホーストカップ(2018.2.25京都)で対戦経験があり、力哉が判定で勝利している。

 鷹介と梅井がリベンジを果たして決勝にコマを進めるのか、拳剛と力哉が返り討ちにするのか楽しみなカードとなっている。

 このトーナメントは今回を準決勝として行われ、決勝となる挑戦者決定戦は11月24日(日)大阪・東成区民センターで開催が決定している『DEEP☆KICK 41』で行われる。


▼第8試合 DEEP☆KICK-55kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝Aブロック 3分3R (延長1R)

拳剛 (誠剛館)

鷹介 (魁塾) 

▼第7試合 DEEP☆KICK-55kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝Bブロック 3分3R (延長1R)

梅井泰成 (NJKF京都野口ジム)

力哉 (BKジム) 


 第6試合では、女子キックボクシング ミネルヴァスーパーフライ級次期挑戦者決定戦が行われる。先日行われたミネルヴァ単独興行(6.9大阪)で前ライトフライ級王者の楓 (LEGEND GYM) を1ラウンドKOで倒した女子高生ファイター聖愛(魁塾)と、同日埼玉で行われたNJKF絆興行で、佐藤”魔王”応紀 (PCK連闘会)を判定で下した真美 (Team ImmortaL)が、現王者 伊織 (T-KIX)への挑戦権を懸けて対戦する。


▼第6試合 ミネルヴァスーパーフライ級次期挑戦者決定戦 2分3R

真美 (Team ImmortaL)

聖愛 (魁塾)

▼第5試合 DEEP☆KICK-57.5kg 3分3R

FUJIMON♡ (亀岡キックボクシングジム)

郁弥 (山口道場)


▼第4試合 DEEP☆KICK-63kg 3分3R

KAZU (NJKF健心塾)

柴田凛太郎 (MONSTER JAPAN)


▼第3試合 DEEP☆KICK-53kg 3分3R

清志 (NJKF KTF)

濱田祐生 (山口道場)


▼第2試合 ミネルヴァピン級 2分3R

Ayaka (NJKF健心塾)

TOMOMI (グラップリングシュートボクサーズ)


▼第1試合 DEEP☆KICK-60kg 3分3R

若井秀幸 (究道会館)

岩KING (NJKF心将塾)


〈大会概要〉

DEEP☆KICK 40

〜10周年40回記念大会〜

2019年 9月15日(日)

泉大津市・テクスピア大阪

大阪府泉大津市旭町22-45(地図)


〈チケット〉※早くも指定席完売、残りは立ち見のみ

VIP席 ¥15,000 S席 ¥8,000 A席 ¥6,000 立ち見 ¥4,000

※当日券は¥1,000UP


〈チケット販売〉

DEEP☆KICK実行委員会(TEL 06-6754-8588)

または出場選手および所属ジム


〈問い合わせ〉

DEEP☆KICK実行委員会(TEL 06-6754-8588)